信用取引と強制ロスカットのメリットとデメリットを知る

信用取引とはどんなものか

信用取引とは株式を取引する際に証券会社に預けた保証金以上の金額を取引する制度です。株式投資をする際に資金が不足していると投資の機会を失う事があります。信用取引を使う事で機会の損失を無くす事ができます。多くの証券会社が信用取引を利用する時に強制的にロスカットする仕組みを採用しています。しかし状況によっては上手く機能せずに追加で損失金を支払う必要が出る事もあるので、利用する時は審査を受ける必要があります。

信用取引のリスクを理解する

信用取引は証拠金以上の金額を取引する事ができますが、それは逆に証拠金以上の損失が出る可能性があるという事です。証拠金の2倍の金額を取引していれば可能性として預けてある金額の2倍の損失が出る可能性が出てくるのです。もしそれだけの損失が出れば足りない分は追加で入金しなくてはなりません。信用取引を使う事で得られるメリットだけでなくデメリットも理解した上で使用する事が大切でリスクマネジメントがしっかり出来ていればメリットを最大限に引き出せます。

強制ロスカットとはどんな制度か

強制ロスカットとは信用取引を使って取引をしている人が追加で損失を支払わなくても良いようにする為に制度です。証拠金の2倍の取引をしている人が持ってる株の株価が半分になれば証拠金と損失が同じ額になってしまいます。それ以上株価が下がった場合は証拠金だけでは損失を埋める事ができないので追加で損失埋める必要が出てきます。そうなると投資家の負担が非常に大きくなるのでそうならない為に損失が証拠金と同じ額に達した時点で自動で決済する仕組みです。

株の信用取引をすることで、お金がなくても自分が欲しい株を買うことができるのでとても有用です。ただしこの時には、委託保証金といわれる担保が必要になります。