様々な信用取引がありますから試してみましょう

FXという信用取引について

FXとは、外国為替証拠金取引のことです。要するに自国通貨も含めて、為替で儲けよう、ということです。元々はリスクを回避するために生まれたものではあるのですが、それがいつしか投機の対象になっている、ということになります。ちなみに固定相場ではこれはありえないことです。変動しないのですから、どうしても儲けることができないのです。この変動リスクに関して、面白い制度ができるようになったのです。それがレバレッジというものです。

レバレッジというものについて

レバレッジとは自己資金以上の取引ができる、というものであり、それこそ、100万円の自己資産で1億円の取引ができるようになったこともあります。この場合は、1パーセントでも自分の思い通りのほうに動いてくれたのであれば、1億円の1パーセントである100万円の利益、ということになります。しかし、逆方向に動きますと100万円が飛ぶ、ということになりますから、極めてハイリスクハイリターンなものであるといえます。それでも人気があるのはリスク故です。

国内では規制があるのがレバレッジ

レバレッジは高い方が人気が出てきます。しかし、あまりにもリスクが高くなってしまったので、現在日本ではレバレッジ規制が行われています。しかし、海外ではそうしたものがないところもありますから、より高いレバレッジを欲している人は海外で口座を作り、そこでFXをしていることもあります。投資は完全に個人の自由ですから、それこそ、好きにしたらよいことです。だからこそ、投資は気が高ぶり、心躍る人が多くなり、熱狂することがよく市場ではあります。

信用取引のメリットの一つに、株価が下がった時に利益を出せるということがあります。これを、空売りといます。